点灯

6

上海永明電子有限公司
は、インテリジェント照明サービス向けに特別に設計された一連のコンデンサ製品を発売しました。

関連製品

液体SMDタイプ

VKG VMM VKM
VKL VK7 VKO

液体ラジアルリードタイプ

LKG LKL LKM LK7 LMM LKF
LK LKX LKZ LLK LKD

スーパーキャパシタ(EDLC)

SDL SDB

ソリッドSMDタイプ

VPL VPT

ソリッドラジアルリードタイプ

不良債権 NPT

積層ポリマー固体状態

MPD19

固液ハイブリッドSMDタイプ

VHT

固液ハイブリッドリードタイプ

NHT

MLCC(積層セラミック電解コンデンサ)

H

コンデンサは重要な受動電子部品であり、回路の品質を向上させ、ランプの正常な動作を保証するために照明分野で広く使用されています。照明分野におけるコンデンサの最も広く使用されている用途は、力率補正と電磁両立性処理です。ランプやランタンの用途において、コンデンサは、力率を補正し、回路内の電磁干渉信号を除去することにより、ランプの安定性を向上させ、耐用年数を延ばし、照明効果を向上させることができます。

以下に、照明分野におけるコンデンサの応用について説明します。

1.力率補正:ランプの使用中に、ランプ回路の力率が低いという問題が発生する可能性があり、ランプの寿命と照明効果に影響を与えます。このためには、コンデンサを使用した力率改善が必要です。コンデンサの特性を利用して無効電力を有効電力に変換し、ランプの力率を改善し、同時にエネルギー損失を低減します。コンデンサの力率の補正は、ランプの電力利用を改善し、より優れた照明効果とランプの安定性を確保するための重要なステップです。

2.電磁両立性処理:ランプの回路内に電磁干渉信号が存在する可能性があり、ランプの耐用年数と照明効果に影響を与えます。このため、EMC処理にはコンデンサを使用する必要があります。コンデンサは回路内の電磁波を吸収して除去し、ランプの安定性と耐用年数を保証します。

3. 明るさ制御: コンデンサはランプの明るさ制御にも広く使用されています。ランプの回路では、コンデンサはランプ内の電圧と電流を調整することでランプの明るさを制御できます。コンデンサの特性を利用して、回路に流れる電流と電圧を変化させて明るさの増減を制御します。

4. フィルタ: コンデンサはランプ回路のフィルタとしても使用でき、重要な役割を果たします。コンデンサの特性を利用して、回路内のクラッター信号と干渉信号を除去し、ランプの照明効果と安定性を確保できます。ランプ回路の応用において、コンデンサはフィルタの重要な部分であり、回路の安定した動作を確保する上で重要な役割を果たします。

一般に、コンデンサは照明の分野で重要な役割を果たしており、ランプの正常な動作を確保するための重要な部品です。コンデンサは主に、力率補正、電磁両立性処理、輝度制御、フィルターなどの主要なアプリケーションシナリオで使用されます。照明技術の継続的な進歩により、コンデンサの用途はさらに拡大され、照明業界にさらなる革新と技術進歩がもたらされるでしょう。

照明用高出力スイッチング電源は、軽量、大容量、高効率、小型という利点がありますが、動作中に大きなスパイクやリップルが発生します。電源コンデンサがパワーモジュールを強力にサポートできない場合、スパイクやリップルを避けることができず、損傷が発生します。この問題を解決するために、YMINは高電圧、高安定性、超高電圧を備えたさまざまなコンデンサを発売しました。 -低温と高い安定性により、動作中のスイッチング電源のピーク干渉と大きなリップルによって引き起こされる電源の寿命への影響を改善できます。